昔の唯一の楽しみと言えば映画館

皆さん、一度は行った事があるかと思われます映画館。娯楽の少なかった昔の唯一の楽しみと言えば映画館ではなかったでしょうか。

昔に比べますと現在では映画館の数が、かなり減ってしまいましたが、今でも映画館は子供から大人まで多くの方に親しまれている人気の娯楽施設です。

現在は映画館という名称として馴染み深いかと思いますが、昔の映画館の呼び名は、「劇場」や「~座」などと呼ばれている事が多かったそうです。

映画館とは、映画の上映を目的に造られた施設でして、劇場の前に設置された大きなスクリーンに映写機によって投影された映画が映し出されます。

映画館の大きなスクリーンで観る映画は、テレビとは違い迫力満点で、映画の中に引きこまれるような圧倒的な雰囲気の中で映画を楽しむ事が出来ます。

それは映画館でしか味わう事の出来ない雰囲気ですので今でも多くの方々が映画館に足を運び、その圧倒的な雰囲気を楽しんでいるのです。

映画館にはロードショー館と、ミニシアターと名画座の三種類の映画館に分けられています。

ロードショー館とは主に、新作の映画が発表されますと全国規模で一斉に上映される映画館の事を言います。別名「シアター」や「シネマ」とも呼ばれています。

ミニシアターとは、新作映画でも主に独立系の新作映画を上映する映画館の事を言います。

ミニシアターの名前の由来は、当時の映画館の標準定員人数が500人から1000人だったのに対して、ミニシアターの定員人数が200人ほどで、標準の映画館に比べて小さい映画館だった事から、ミニシアターという名称が付いたとされています。

名画座の概要は様々で、旧作映画を主に上映する場合や、最近公開された新作映画や純新作映画を上映する場合や、封切されて一年以内の映画を上映する場合など、映画の公開年次に限らず様々な映画が上映されています。

また、最近ではかなり減少してしまい、あまり見かける事のなくなった「成人映画館」は、主にR-18指定の映画を中心に上映している映画館です。

現在は、成人映画館を利用者する方がほとんど居なくなった為、個人経営の多い成人映画館は閉館に追い込まれている所も少なくはないようです。

シネマなどとも呼ばれています映画館では、個人経営はあまりされてはなく、ほとんどの映画館は映画運営会社によって運営が行なわれています。

映画を観に来られた方の購入するチケット売上代が、映画運営会社の利益になっています。

チケット購入方法は、コンビニなどでも購入する事ができる前売りや購入方法や、当日映画館で購入する当日購入方法があります。

前売り購入方法の場合には、割引のサービスやチケット購入映画の非売品の品物が付属される事もあり、前売り購入をすると得するサービスを受けられる事があります。週末になると多くの映画館が賑わいを見せています。

ご家族連れや、カップル達のデートの定番コースとして昔も今も変わる事なく、多くの方に親しまれています。

現在では、一人で映画館に映画を観に行く事も珍しくはありません。家でくつろぎながら観る映画も良いですが、やはり大きなスクリーンに映し出された大画像と大音量で迫力満点の映画を楽しむ事もたまには良いですよね。

TOP